共に債務整理のデメリットを検討中なう

共に債務整理のデメリットを検討中なう

共に債務整理のデメリットを検討中なう

 

この20数年間、髪を染めたことって数える程度。
まあまあ真面目に生きてきて、たまにピアスを開けてたまに煙草を吸うくらいには自分流の生き方(もとい、ぐれかた)をしてきましたが、髪を染めることに関しては無頓着でした。
大学時代に一度、

 

「ここらでひとつはっちゃけようか」

 

 

共に債務整理について話を共有しましたからね。

 

と、当時は長かった髪の内側の部分だけブリーチをかけて真っ金金にしたことはありましたかね?(しかも1回では満足いく色に仕上がらなかったので5回程かけてやりました)
相当奇抜でしたね。でも変ではなかった。
短く切った今ではどういじるべきか……ハーフで金?それとも、赤? いや、全体的に赤にして所々金メッシュをいれるのもいいかも〜。
なんて考えていたら。母親はすごいですねえ。

 

「あんた、染めたいんやろ?」

 

と染め粉を渡してきました。……でもね?

 

「……ママ、これ、白髪染め……」
「ママは全体的に染めてみた方がええと思うわ〜。黒やったら何か、重い感じがするも〜ん」
「……いや、白髪染め……」
「はよやり〜や〜」

 

母、強し。
茶髪の私を見てみたい、とのことだったので要望に応えて(不満でしたが)全体を茶髪にすることにしました。
しかしやりたいこともあったので色々やっていたら、もう深夜3時に。流石にこれから染めるのは、迷惑かなーと思いつつも、衝動には逆らえませんでしたね。
一度頭を洗って、乾かして、いざ。

 

どうして染液ってあんなにくさいんでしょう。
鼻が痛くて痛くて!
眉毛だけ黒、というのもおかしいなと思ったので、ちゃんと眉の部分にのみ染液をつけて……。

 

待つこと30分。

 

その間に何があったか?

 

眉って、毛が薄いじゃないですか? すっごくヒリヒリするんです。皮膚が。あと、とにかくクサい。
やっぱり深夜にするもんじゃなかった…と半ば後悔し、そろそろ頃合いだろう、と髪の毛を丹念に洗い、ついでに体も洗ってさっぱり。
ドライヤーは、もう5時前だったのでやめておきました。

 

いやしかし……

 

染まってない。

 

いや、明かりに照らされると、確かに染まってはいる…。
でも前髪はあまり染まってないなあ……。
ここで気がついた私。
前髪をかきあげて鏡に近付いてみると……

 

「内側だけ染まってる!?!?!?」

 

そう、髪を自分で染めたのは、ブリーチの時以来。
あの時は「内側を染める」ことを目的としていたので、髪の根元から裏側だけに染め粉をつけていたのです。
今回は「外側と内側、全体的に染める」ことが目的。

 

しかし私は、ついあの時のクセで……

 

「しまった……やり方を間違えた……っ!」

 

内側だけを染める方法で、まず根元から髪をかきあげるように染め粉をつけてしまっていたのです。櫛タイプだからといって甘く見てました。

 

翌朝、少し遅めの昼食を寝ぼけながらとっていると、母。

 

「あ、染めた?」
「…………うん」

 

何となく、気まずかったですね(苦笑)
染めたとは断言できない、この微妙な仕上がり。
一部始終を説明すると、母は笑って、

 

「あー……でもまあ確かに前髪の染まりが浅いなあ〜。でも変じゃないやん」

 

お世辞でしょうか! シャコージレイってやつでしょうか!?
いや、母のことだからそんなことは私に向かって言わないに違いない。ありがたくお言葉を受け取り、こうして私の人生初茶髪デビュー(ただし失敗談)は母と私の笑い話になりましたとさ。

 

めでたし、めでたし。

 

 

 

債務整理のデメリットをどの角度から捉えるべきか。

 

 

今更感が非情に強いですが、、、。

 

 

 

昔と違って弁護士事務所に無料でメールや電話で簡単にお話を聞いてもらうこともできる。債務整理はかなり身近な存在になってきたと私は思っている。

 

債務整理デメリットに関する 参考サイト一覧

 

債務整理 デメリット

ホーム RSS購読